好きなら全力投球

アイドルとか舞台とかオタクとかのはなし

噂の「りさ子のガチ恋♡俳優沼」を観てきました


※ネタバレしてます。
観劇してきました。はじめはちょっと気になるなーくらいだったのですが、他の若手俳優厨の感想を見てたらどうしても生で見てみたくなったので。
当日券抽選に並んだらわりとすんなり観られました。


大まかな流れは他の方が上手く書かれているので、とりあえず気になったところだけ。


○「ランダムでリプ返します」は闇
劇中設定ではしょーたくんフォロワー6万人くらいらしいので、全部返すのは大変なんでしょうが。
ランダムでするくらいならしないほうがいいのになぁと思います。
というかなんでわざわざりさ子の「彼女いますか?」ってリプに答えたんだ。ランダムなら答えなきゃいいのに。
スルーすればいいことなのにわざわざ答えて、嘘をつくのはちょっと…。
まあ「彼女いますか?」なんて糞リプするりさ子もどうかと思いますけどね。
散々リプするの躊躇って、結果出てきたリプがこれって、拗らせてるなぁ…。


若手俳優の7割は同棲してる
まじですか…?(ショックを受ける)
Bさんもしてるのかな…しててもおかしくないな…SNS更新しないからバレようがないしな…。
なんて、Bさんにりあこ気味なわたしは考えてしまうのでした。
みなさんここ、自分の推しが頭をよぎったりしなかったのかな。


○「告白しちゃいなよ~」という糞会話
あるある~~!
りさ子の同僚との会話が本当にあるある過ぎてつらい。
「それだけ貢いでお金かけて、見返りを求めないの?」「それだけ通ってれば相手もわかってるよ」「告白しちゃいなよ~」
余計なお世話だ!!!!
バンギャ上がりの実際繋がってる人が一緒にいたから余計に話がややこしかったし面倒だったんでしょうね。そうでなくともこの手の会話は、追っかけであることを一般人に話したことがあるひとなら絶対経験してるはず。
「で、結局推しとどうなりたいの?」という質問は本当にしょっちゅう遭遇しますが、「うるせぇよ」としか言いようがない。
全編通してここが一番刺さったシーンかもしれません。


○るるちゃん、匂わせしなければよかっただけでは…?
最後に怖かったからなのか、怒りからか、るるちゃんがしょーたに抱きついて泣いちゃいますが、初めから匂わせしなければ済んだ話では…?と思わずにはいられませんでした。
まあストーカーしちゃうりさ子はもちろん悪いですけどね。
「こんなに可愛い子とこんなにかっこいい人が付き合ってるんだよ?自慢したいじゃん!」と言うるるちゃんの気持ちももちろんわかるのですが、お仕事のこと考えようよ…としか…。
頭悪い匂わせはほんと死んでほしい。


○「はじめまして」は俳優から言ってはいけない
いやこれが一番だめでしょう。
どんなに見覚えない顔でも、向こうから言われない限り自分から「はじめまして」と言ってしまうのは得策ではないように思います。
たまにフェイクで「はじめまして」って言うファンいるけどな。それで認知されてるか確かめるって人。馬鹿馬鹿しくてきらいですけどね。推しに嘘ついてどうする。
というか、手紙から犯人を割り出すシーンでしょーたくん「おとなしい子」「いつも出待ちしてくれる」とかりさ子について話してますけど、辻褄あわなくないですか?
それか、イベントでのはじめましてはりさ子が言ってた通りの見間違いってことですか?理解が追い付いてないので間違ってたらごめんなさい。


新垣里沙すごい。
いや、ほんとこの一言に尽きる。
あんなにすごい女優さんだったなんて。テレビ放送されてたオーディションをリアルタイムで見てた、ドンピシャ世代なので、どうしてもアイドルってイメージがあったのですが。
なんだあのモサいオタクの再現度は…!
おどおどしてて、大人しそうで、他のファンの意見に同調して逆らわない。
観劇後やDVD鑑賞でみんなと語ることを楽しんではいるけど、自分はどこか他のファンとは違うと思っている。
何度も見ているから「あの時のあの演技がどうだった」というのを一番わかってると思っている。
自分はガチ恋ではなく親目線、応援できるだけでいいの、と自分に言い聞かせてる。
完全に共感できたか、というとまたちょっと違うけど、こういうオタクいるよなぁ、と自然と思える演技でした。
カーテンコール後の演出、あの、客と同じ扉を使ったところが本当に鳥肌ものでした。あ、りさ子が今もどこかで生きてる、と思わずにはいられません。



賛否両論ありますが、わたしは観に行ってよかったと思っています。
最後の鳥肌だけは、劇場じゃないと味わえなかったと思いますし。
途中もわりと始終鳥肌でした。
ふっ、とお芝居から頭が離れて推しの顔が過る瞬間が何度もあるんですよ。わたしって推しにどう思われてるんだろうな、と。そして「どう思われているか」を気にしている自分にまた鳥肌が。どうもなにも思ってないよ、ただの客だよ、と。






わたしもまた、ガチ恋じゃないと自分に言い聞かせてるだけなのかもしれません。
お願いだから、これからもちょっとだけ認知してるのがわかる対応をしてね、Bさん。それだけでわたしはりさ子にならずにいられると思うから。

都内に住む

わたしは都内在住です。
なぜか。もちろんイベントに行くためですよ。

わかる、わかるとも、都内住み羨ましいよね。
わたしも高校の頃までは地方に住んでました。と言っても一応それなりの地方都市だったので、それでつらいって言ってたら本気の地方民から刺されそうですが。

中学の頃にAさんにハマり、高校生になって、ライブツアーの、近くでやる地方公演にだけ参加するようになりました。
ツアーだけならまだそれでも我慢できてたんですけど、当時からAさんはよくCD発売イベントをやってました。 地方もまったくないわけでないですが、ほとんど都内。都内のCDショップに直接予約に行って参加券を確保するスタイルです。
そもそもイベント当日に遠征するだけでもお金が大変なのに、さらにその前に店舗まで行けとか無理ですよ。高校生のわたしには無理でした。だいたいそういう時って電話予約は不可なんですよねー。
発売イベントで一早くAさんの生歌を聴けるのが羨ましくて仕方がありませんでした。あと握手もしたかった。

こりゃ地方に住んでちゃだめだ、と思って大学で首都圏に進学。
その結果、「渋谷の店舗で予約するとイベント参加券付きますよ」みたいな情報が出たら、その日のうちに予約に行くことができるようになりました。
もうこの快適さを体験してしまったら地方には戻れないです。
もちろん就職先は都内で探しました。


就職するときのわたしの条件は
①東京に近いこと
②転勤がないこと
③土日が休みなこと
④平日も休みを取りやすいこと
⑤そこそこの給料がもらえること
でした。我ながら酷い。
仕事にやりがいなんて求めてません。上記の条件を満たせばいいので、やりたいこととか別にありません。
結局、職場は部署によって忙しさはまちまちなので④は怪しいですが、とりあえず今の部署では条件を満たしてます。
仕事自体は大嫌いです。この条件を満たしてなかったら死にたいくらいには嫌いです。(でも今の仕事云々ではなく、仕事をすること自体が嫌いなので、なにをやっても死にたいと思います。)
おかげで現在は都内で突発的にやるイベントもほとんど参加できるようになりました。


舞台にハマったのは社会人になってからなのですが、結果として仕事の選択の正しさを噛み締めています。
上の記事にもありますが、仕事帰りに舞台を見に行けるのはいいですよね。
19時開演なら仕事終わりでもだいたいの劇場まではたどり着ける職場なので。
いちいち遠征するとなるとげんなりしてしまいます。
地方遠征もきらいじゃないけど、それはたまの旅行も兼ねてるからであって、遠征がデフォルトとかつらすぎます。
全通するほど強いオタクではありませんが、初日、中日、千秋楽くらいは観に行こうと思ったら、やっぱり地方住みは厳しいですもんね。


何が言いたいって、まあ都内に住んでて便利だぜ!いーだろー!という自慢です。
東京に住めばいいじゃん、と一概に言えないのはわかります。事情があるでしょう。
でも絶対に地方から出られない、という事情がないのなら、出てきちゃえばいいのでは?と思ってしまいます。
(先立つものがないとなんとも言えませんけどね。)

推しがプレゼントを着てくれた話


です。(終了)
Bさんがプレゼントを着てくれました。それまで消耗品をあげたことはありましたが、服をあげたのは着てくれた一着がはじめてでした。
今回は別にBさんの誕生日でもなんでもなく、わたしの誕生日が近かったから、自分に誕生日プレゼント買う代わりにBさんにプレゼントを買いました。


服なんてどうせたくさんもらうだろうし、好みに合わないかもしれないし、そこに金使うくらいなら公演に多く入ったほうがいいと思ってたんですけどね…。今でもそう思ってはいるんですけど。
着てくれてるのがわかった瞬間の高揚感、あれはなにものにも代えられませんね……。
普段あまり自撮りをしないBさんがわざわざ服を着た写真をSNSにあげてくれてるのを見た瞬間、膝から崩れ落ちました。
最近は舞台公演回数カウントbotと化していたBさんのSNS。そこで突然の舞台にまったく関係ない自撮り。
嬉しすぎてリア友にめっちゃ自慢しました。(同厨こわいのでSNSは鍵かけて沈黙してます)


Bさんを推しはじめてまだ一年経ってないんですよね…。
好きな作品だからという理由で見ていたときに、「人で追いはじめたら終わりだよね~」なんて友達と話していたのですが、早々に人で追うようになりました。終わりました(笑)
そして追い始めた頃、「服とか貢ぎはじめたらとめて!」と友達に言っていたのですが、それも半年ほどでやってしまうという。
まあ服の一着で「貢いだ」なんてでかいことは言えませんけどね。それまで万単位のプレゼントなんてリアルですらめったにしたことがなかったので、かなりのハードルだったんですよ。


今後またきっと服をあげてしまうのでしょう。そして律儀なBさんは着てくれるのでしょう。
それでも、このはじめの一着はたぶんわたしの中で忘れられないものになると思います。


とりあえず服とかでかいものをプレゼントするのはBさんの誕生日か自分の誕生日だけにしようと思ってます。(フラグ)

推しの話とコイバナ

わたしは昔からコイバナが苦手でした。
自分が話す側に回るときはまだマシでしたが(それも出来ればしたくない)、ひとのコイバナを聞くときはなんとなく苦痛を感じていました。
でも最近友達と推しの話をしているとき、ふと「推しの話とコイバナって似てるんじゃないか?」と思ったのです。
コイバナって、恋人のいいところや好きなところを友達にプレゼンしているようなものじゃないですか。
コイバナの「恋人」を「推し」に変換してみれば、推しの話をしているときとあまり変わらない気がしたのです。リアコ云々は関係なく。
特にわたしは同厨ではないオタク友達とそれぞれの推しトークをすることが多いので、まさにそれぞれの恋人の話に花を咲かせているのと状況は類似しています。


ではなぜ推しトークはよくてコイバナはだめなのか。
考えた結果、「主体」の違いではないかというところに行き着きました。

推しトークは「話し手主体」、コイバナは「聞き手主体」。
推しトークはひたすら自分から推しのいいところをプレゼンし続け、話し相手からも同様に話し相手の推しのプレゼンを受ける。そしてお互いの推しが素晴らしいということを再確認する。

一方コイバナは、基本は聞き手からのインタビューによって進みます。どういう人なの?どこが好きなの?最近どんないいことがあったの?などなど…こちらから聞かないことには話が進みません。
もちろん自分からひたすら話すひとだっているでしょう。しかしそれは「のろけ」と言われて、あまり推奨されていません。
なんとなく聞き手側が聞き出してあげるのがルール、みたいなところがあるじゃないですか。
たぶんそれが苦痛なんです。
だって他人の推し(恋人)になんてそこまで興味ないですから。
自分が推していない人の情報を、わざわざこちらからインタビューしてまで聞き出したいか、と言われたら、ノーですよ。そんな労力使うなら自分の推しについて話したい。
わたしが友達と推しトークをして楽しいのは、楽しそうに好きなことについて語る姿がキラキラしてて素敵だからです。あと、聞いた分は自分も語る権利がある、と感じられるから。



いっそコイバナもひたすら勝手に恋人について語ってくれよ、と思ってしまいます。それなら聞いてあげるから。
聞き出してもらう体を取りつつ、結局みんな自分の好きな人について話したいんでしょう。でも自分からあれこれ言うのははしたないとか思ってるんでしょう。
本当に面倒くさい。
そんなことを思ってしまうわたしは枯れてるのかなぁ。

チケットの数


先日、チケットホルダーに入れていたチケットがすべてもぎられました。
3月末には15枚くらい入っていたのに、この1ヶ月ちょっとでものすごい勢いで消費しました。
チケットがないとなんとなく不安になります。チケットの数は今後の楽しみの数。異動してストレスMAXだった4月を乗り切れたのは、間違いなくチケットホルダーをいっぱいにしていた紙のおかげです。
これからどうやってストレスフルな仕事を乗り切ればいいのか…。


なにがつらいって、Bさんのチケットがほぼないんです。拘束期間約2ヶ月の人気作品に出演することになってしまったのに、わたしの手元にあるチケットは1枚だけ。つら。
それでも1枚取れただけ奇跡なんですけど。
ライビュどうせやるんだろー情報早くくれー。


とか言って、別のチケットホルダーに分けてる2.5次元舞台のチケットはすでに8枚あるんですけどね。
Bさんがチケット取れない舞台やってる時期に被ってるし、なんならAさんのライブツアーも時期が被ってるし、そこにBさんの舞台まで重なったらパンクするんですけどね。

先週と今週、小劇場のストプレ見てきたんですけど、やっぱり小さめの劇場はいいですね。
あまり派手じゃない舞台装置、生で届く声、臨場感。小劇場好きです。
Bさんにもまたいくらでもチケット増やせるような舞台にも出てほしいなぁ(でも面白くないのはやだっていうわがまま)。


ただの愚痴みたいになりましたが、とりあえず早くBさんのチケットの数を増やしたいです。

ファンがほめられるということ

数ヵ月前にあった、AさんのCD発売イベントについて書きたいと思います。
そのイベントはCDショップ内のスペースで行われる、観覧自由のイベントでした。ただ、店内ということで観覧スペースは狭く、横に5、6人程度しか並べない状況でした。

開始30分前に行くと、いつもの顔ぶれがそこそこ集まっている状態。
わたしも列の空いているところに入り、たまたま会えた同厨の友人としゃべったりして待っていました。特に誘導はされませんでしたが、「ここからここまでに入って見てね」という感じでロープが張ってあったので、それに従った形です。

そして始まったイベント。見に来ていたのは50~60人くらいですかね。まあいつものメンツ。
そこで、MCの方(Aさんとは初対面、もちろんAさんのイベントの様子も知らない)に、「めちゃくちゃお行儀のいいファンの方々ですね!」と言われたのです。
そう言われて改めて見てみれば、横並びの列はきっちりそろって、足元に鞄を置くくらいのスペースは空けつつ、ある程度詰めて広がりすぎない、という状態でした。

まあ確かに行儀がいい。
Aさんのイベントはいつもこんな感じなので(ライブですらきっちり並んで、入場後は動かず、押したり割り込んだりしない)、すっかり当たり前でしたが、はじめて見る人からしたら異様かもしれませんね。

そして、MCの方が「Aさんの人柄ですね、いい人にはいいファンが付くんですね」と続けました。
自分達のことより、Aさんを良く言ってもらえたのがとっっっても嬉しかったです。
その後もネタがなかったのか(笑)MCの方はAさんの人柄をほめまくっていて、ファンとしてもMCの方の株が上がる上がる。

わたしは、好きな人が共演者からほめられたり、頼られたりしているのを見るのが一等好きです。
そうなんだよその人いい人でしょう?頼りになるでしょう?すごい人なんだよ!と、自分のことのように言いふらしたくなります。


「ファン」は他の人から見たときにとてもわかりやすい指標のひとつだと思います。目に留まりやすいですからね。
マナーが悪いファンが多いからと言って、その歌手や俳優が悪いわけではありません。でも、あたかもその人が悪いように見えてしまう。
ここのところマナーの悪さが話題になっている舞台の話を聞いて、かわいそうだな、と思いました。俳優もファンも。

それとは別件ですが、わたしも最近ひとり「この人のファンはマナー悪いな」と感じている人がいます。その人自身は好きなのにどうしてもネガティブな感情を抱いてしまう。こういう積み重ねでファンを得る機会を失っていたらもったいないですよ。


ファンがほめられるということは、推しにひとつポジティブな評価がつけられるということです。
自分達が推しのプラスになれるなんてすごいことじゃないですか。
いつまでも、推しが胸を張って「これが自分のファンです」と言えるようなファンでありたいものです。

舞台化と再演と原作ファン


炎上物件がまたひとつ、増えましたね。
発表されたときはネットが荒れに荒れてておもしろかったです。(性格悪い)
もはや隠す気のない記事になっていますのでご承知ください。


わたしはもともと原作ファンで、楽しくコンテンツを消費してる側でした。
でも、他のファンの「彼らは実在するという体で発言しないやつは悪」みたいな圧力がめちゃめちゃ苦手でちょっと離れぎみになっていました。
いや、公式からそういう体で話されるのは面白いし、よく考えてるなぁって感心するんです。でも「なに言ってるんですか!彼らは実在してるんですよ!中の人とかいないんです!!!」って他のファンに強制されるのは気にくわない。自分の好きなように消費させてくれ。

今回だって、「舞台化」ではなく「再演」とは公式もよく考えたな~うまいな~と感心してました。
でも予想通り出てきた「これは舞台化じゃなくて再演だってことをちゃんと理解して見に来てください」という過激派のファンがいるせいでなんかとても面倒になる。
ただでさえ、声優さんたちがキャラクターが実在する体で話しているのも「そこまでしなくても…二次元だし…」とちょっと引きぎみに見ているわたし。そこに来て、今度はファンが俳優さんに対して「再演だからな、絶対に舞台化とか言うなよ」という圧力をかけている。
恐らく、その通りになるのでしょうね。「初演のイメージを壊さないように…」「初演の先輩たちを見習って…」とか言って、カテコでもSNSでも素にはなりきれず、何かを演じた状態のままでいるのでしょう。
作品のイメージを一番に考えるのは役者として大切なことだとは思いますが、そこまでやる必要ある?と思ってしまうんですよね…。


リアルの友人で、怖いくらいにこのコンテンツにハマっているオタクがいます。彼女は、熱烈ではあるものの穏健派で、舞台化に対しても寛容な態度をとっています。
その彼女が言うには、

「舞台界隈の人もこれを機にこのコンテンツに触れて、原作も好きになってくれたら嬉しいな~」

……ごめん、たぶん俳優ファンは原作ファンのめんどくささとビックコンテンツ故のチケットの取れなさで(期間短すぎて公式は馬鹿か?と思った)、原作に対して負の感情を抱く人が大半だと思うよ…。


わたしとしてはきれいな顔の人が演じてくれたら嬉しいけどなぁ。
「声優さんがそのままやればよかった」みたいな意見をちらほら見かけましたが、反論承知で言わせてもらえば、正気か?という感じです。
最近俳優界隈で本当のイケメンを見慣れてしまったからかもしれませんが、どう考えても顔面偏差値足りないでしょう。



自分は公演期間的に行けなさそうですが、どうか何事もなく終わりますように。
散々言いましたがコンテンツとしては好きなので、新たな可能性を生かせることを願っています。